Fukuoka Speech-Language-Hearing Therapist Association

MENU

平成30年7月豪雨災害

  • HOME »
  • 平成30年7月豪雨災害

平成30年9月5日
福岡JRATからのチーム派遣終了について
福岡JRATでは8月4日からリハビリテーション支援チームを現地に派遣し,28日をもって無事に活動を終了することができました.今回は福岡県から6チームに参加いただきました.猛暑の中,ご協力いただいた会員の皆様には感謝申し上げます.熊本・大分地震,九州北部豪雨といった災害を経ての今回ですが,まだまだ準備不足の状態であります.可能な限り早急にマニュアル整備,派遣者研修等を進めてまいりますので,今後ともご理解,ご協力お願い致します.

平成30年8月9日
避難所支援者派遣登録に関わるお知らせ

JRATの現地派遣は8月末までの予定となっており,当該期間における派遣チームのマッチングは既に終了しています.そのため今後の協力員の募集は停止させていただくこととなりましたのでお知らせいたします.今後の状況により派遣期間延長される場合には,再度派遣登録をお願いする可能性がありますのでご理解ご協力をお願い致します.

平成30年7月24日(火)
現地のボランティアセンターからの情報
・倉敷までの交通手段について;自家用車で可能.電車であれば岡山駅から在来線で新倉敷下車.
・宿泊手段:倉敷駅周辺のホテルは無事のため利用可能.
・担当地区:本部へ問い合わせ中.
※最寄りの自治体から「災害派遣等従事車両証明書」を交付してもらうと,有料道路の通行料金について無料措置受けられる.申請にはボランティア活動確認書が必要であり,倉敷社協などに連絡をすると最寄自治体へ連絡が行き発行されるシステムとなっている.
なお,倉敷市内各所では慢性的に渋滞が発生しており,復旧活動や地元の方の出入りにも影響するため,ボランティアセンターに問い合わせて情報をよく確認すること.またJRATとしての活動であるため,一般ボランティアとは明確に区別し,集合場所や移動については現地JRAT本部の指示に従うこと.

平成30年7月10日(水)
予測される被災地、避難所での活動内容を掲載しました
【資料3-1】予測される被災地、避難所での活動内容
【資料3-2】ことばや聴こえ、食べることが困難な方への支援方法

平成30年7月10日(水)
豪雨災害における避難所への人材派遣について
 当士会は、福岡県からの災害時における福祉避難所等への福祉等専門人材の派遣要請やJRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)からの人材派遣要請を受けた場合、福祉避難所等へ言語聴覚士を派遣する災害派遣を行います。派遣要請に備えて、迅速に対応できるように派遣人材登録を行います。
 つきましては、ご協力頂ける会員の方は別紙要綱を確認して頂き、必要事項を明記の上、登録受付先までメールにてご連絡ください。登録された会員の方には、派遣要請を受け、詳細決定次第、士会担当よりご連絡し、日程調整等を行います。
【資料2-1】平成30年7月豪雨災害における避難所への人材派遣について
【資料2-2】避難所支援者派遣登録のお願い
【資料2-3】人員派遣登録用紙
【資料2-3】平成30年7月豪雨災害 避難所支援チーム派遣のお願い

平成30年7月 9日(月)
災害対策本部を立ち上げました
 この度の西日本豪雨災害により、被災された皆様に対しまして心からお見舞 い申し上げます 。
さて、福岡県言語聴覚士会ではこの度の災害を受け、7 月9日に災害対策本部 を福岡国際医療福祉学院に設置いたしました。現在、災害地域の会員の安否確 認と被害状況の把握を行うとともに、県や JRAT からの要請に対応できるよう 準備を進めております。
今後、福岡県からの災害時における福祉避難所等への福祉等専門人材の派遣 要請や JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)からの人材 派遣要請があることが想定されます。
今後の被災地への人材派遣要請等の情報につきましては、HP もしくはブロッ ク連絡網にて、会員の皆さんにもご連絡させていただきます。 その際には、皆さんのご協力の程をよろしくお願いいたします。
【資料1-1】会員の安否確認と被害状況
【資料1-2】予測される被災地、避難所での活動内容

県士会へのお問合わせ TEL 080-1776-5108

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 福岡県言語聴覚士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.